5月の自然観察日記(2003.5.31現在)

赤字は初めて見られた種)

【自然観察日記】
5月3日

  • 5月1日と3日に家の近くを散歩しました。その結果は観察記録に載せています。フィールドでは虫が一斉に発生しています。
    5月5日
  • やたらヨコヅナツチカメムシがマンションの廊下にいます。今日だけで6頭も見られました。
  • ツマキヘリカメムシが見られました。以前、オオツマキヘリカメムシと言っていたのはこのカメムシのようです。交尾器の見方を間違えていました。訂正しておきます。
  • この連休はトビケラの分類調べで過ごしました。とりあえず、ヒゲナガカワトビケラ科、シマトビケラ科、カクツツトビケラ科について、九大の「日本産昆虫目録データベース」と"Trichoptera World Checklist"と手持ちの図鑑から名前の変更、図鑑との対比など調べています。
    5月6日
  • バイバラシロシャチホコははじめての観察です。はじめドクガ科かと思いました。調べてみてはじめて分かりました。シロシャチホコとの差は今ひとつ良く分かりません。
    5月10日
  • 今月から、川西・身近な自然とまちを考える会の芋生川定点調査に参加することになりました。芋生川は猪名川の支流で川西市西部を流れています。ホタルが多く発生する自然豊かな地域です。この日は好天気で、暑いくらいで日焼けまでしてしまいました。10名ほどが参加した定点調査では、変わった種類は見つからなかったものの、昔懐かしいような田舎の風景と自然が見られました。毎月1回開かれる予定です。
    5月11日
  • 今年はトビケラに力を入れて調べています。片端から捕まえて調べていますが、シマトビケラがようやく少し分かってきた程度です。なかなか奥深い分野でしばらくかかりそうです。
    5月15日
  • 細胞生物学会が大津にあるピアザ淡海で開かれました。ついでに近くにある琵琶湖研究所に行ってきました。県立琵琶湖研究所は、お城のような特徴のある県立琵琶湖文化館のすぐ向かいにある立派な建物で、何度も大津には行ったことがあるのですが、こんなところにあるとは知りませんでした。何を研究しているのかは分かりませんでしたが、建物の中は人の気配はあまり感じられませんでした。私は資料室に行って、研究所が発行している「びわ湖の底生動物 II.水生昆虫編」をコピーさせてもらいました。この冊子は1986年から研究所で調査をした水生昆虫280種のうち60種を選んで一般向けにかかれたものです。期待していたものよりは、やや一般的過ぎた感じでしたが、とりあえずカゲロウ・トビケラの文献が一つ手に入りました。
    5月20日
  • アサマキシタバが登場です。今年はじめてのカトカラです。マンションではアサマキシタバとマメキシタバを多く見ます。
    5月25日
  • 梅雨が近づくと次第に蛾の数が多くなってきます。このごろは毎日20種前後が見られます。これからが大変です。毎日、蛾の種類と数を記録していますので。
    5月29日
  • 地下駐車場の天井に奇妙な影がと思って近づいてみると、見たこともないスズメガです。写真を撮って急いで採集して、家で調べてみました。クルマスズメという初めてお目にかかる蛾でした。調べてみると山本先生の箕面の目録では普通種とあり、少しがっかりです。でも、ともかく一種増えました。白い小さい蛾は斑紋と顔面の色からマンサクシロナミシャクと同定しましたが、展翅後もう一度調べる必要があります。
    5月31日
  • 今月は蛾が多いと思ったけど、過去には170種以上が2回も記録されていた。まだまだましなほうだったのだ。

    【5月の観察種】

    鱗翅目(蛾)(143種)
    ヒゲナガガ科  クロハネシロヒゲナガ
    ハマキガ科   ミダレカクモンハマキ    シロモンヒメハマキ
    イラガ科    テングイラガ        アカイラガ
    メイガ科    ヒメヨツモンノメイガ    ナノメイガ         ナカジロフトメイガ
            ウスアカムラサキマダラメイガ ホシオビホソノメイガ   フタオビノメイガ
            カシノシマメイガ      キムジノメイガ       シロアヤヒメノメイガ
            ハチノスツヅリガ      シバツトガ         ホソバヤマメイガ
            キベリハネボソノメイガ   ヒメシロノメイガ      ツゲノメイガ
            マエアカスカシノメイガ   シロテンキノメイガ     フタスジシマメイガ
            トビイロシマメイガ     ハイマダラノメイガ
    マドガ科    アミメマドガ        アカジママドガ
    カギバガ科   ヤマトカギバ        アシベニカギバ       フタテンシロカギバ
            ウスギヌカギバ       マエキカギバ
    シャクガ科   ニレオレクギエダシャク   マエキトビエダシャク    ソトシロオビナミシャク
            フタナミトビヒメシャク   モンオビオエダシャク    ツマキエダシャク
            ギンバネヒメシャク     フタマエホシエダシャク   ホソバハラアカアオシャク
            クロフオオシロエダシャク  ナミガタエダシャク     ウスオエダシャク
            ツツジツマキリエダシャク  ヨモギエダシャク      クスアオシャク
            ウスアオエダシャク     ウチムラサキヒメエダシャク セスジナミシャク
            アトスジグロナミシャク   ナカウスエダシャク     リンゴアオナミシャク
            ツマジロエダシャク     フタヤマエダシャク     コガタツバメエダシャク
            ウスキツバメエダシャク   フタテンオエダシャク    クロスジオオシロヒメシャク
            マエキヒメシャク      クロクモエダシャク     ユウマダラエダシャク
            クロハグルマエダシャク   アトスジグロナミシャク   ナミスジチビヒメシャク
            ウスキクロテンヒメシャク  ギンバネヒメシャク     ヨツモンマエジロアオシャク
            クロフヒメエダシャク    マンサクシロナミシャク
    スズメガ科   モモスズメ         ウンモンスズメ       クルマスズメ
    シャチホコガ科 スズキシャチホコ      プライヤエグリシャチホコ  オオエグリシャチホコ
            シャチホコガ        ルリモンシャチホコ     バイバラシロシャチホコ
            ヒメシャチホコ       ホソバシャチホコ      アオバシャチホコ
            セダカシャチホコ      クロシタシャチホコ     ギンシャチホコ
    ドクガ科    ゴマフリドクガ       リンゴドクガ        スカシドクガ
            スギドクガ         キアシドクガ
    ヒトリガ科   キハラゴマダラヒトリ    ハガタベニコケガ
    コブガ科    シタジロコブガ       モトグロコブガ       ヨシノコブガ
    ヤガ科     アカテンクチバ       シャクドウクチバ      キシタアツバ
            スジキリヨトウ       シロスジトモエ       アオアツバ
            ナカジロアツバ       ホソオビアシブトクチバ   ムラサキツマキリアツバ
            オオバコヤガ        ナシケンモン        チャオビヨトウ
            フタスジヨトウ       クロシタキヨトウ      シロシタヨトウ
            シロズアツバ        クロオビリンガ       アカキリバ
            オオシラナミアツバ     ヨトウガ          アヤホソコヤガ
            モンムラサキクチバ     プライヤキリバ       オオシロテンクチバ
            モクメクチバ        モンキコヤガ        ハグルマトモエ
            ヒメサビスジヨトウ     フタスジヨトウ       ウンモンクチバ
            サビイロコヤガ       シラクモアツバ       オオケンモン
            トビスジアツバ       コフサヤガ         ウスアオモンコヤガ
            シロズアツバ        タイワンキシタアツバ    ソトウスグロアツバ
            ヒメハナマガリアツバ    アサマキシタバ       ムラサキツマキリヨトウ
            マメチャイロキヨトウ    オオトモエ         クロキシタアツバ
            シロスジアオヨトウ     ネスジシラクモヨトウ    クロモクメヨトウ
            ネジロキノカワガ      ユミガタキンウワバ     シロシタケンモン
            クロシタキヨトウ

    鱗翅目(チョウ)(21種)
    アゲハチョウ科 アゲハ           クロアゲハ         アオスジアゲハ
            ナガサキアゲハ
    シロチョウ科  モンシロチョウ       キチョウ          ツマキチョウ
            モンキチョウ        スジグロシロチョウ
    タテハチョウ科 コミスジ          キタテハ          アサマイチモンジ
    テングチョウ科 テングチョウ
    シジミチョウ科 ヤマトシジミ        ベニシジミ         ツバメシジミ
    ジャノメチョウ科 ヒメウラナミジャノメ   サトキマダラヒカゲ     コジャノメ
    セセリチョウ科 コチャバネセセリ      ダイミョウセセリ

    トンボ目(11種)
    イトトンボ科  クロイトトンボ       ホソミイトトンボ
    モノサシトンボ科 モノサシトンボ 
    エゾトンボ科  トラフトンボ 
    カワトンボ科  ニシカワトンボ       ミヤマカワトンボ      オオカワトンボ
    サナエトンボ科 オグマサナエ        タベサナエ         フタスジサナエ
    トンボ科    シオヤトンボ

    トビケラ目(9種)
    ヒゲナガカワトビケラ科 ヒゲナガカワトビケラ
    フトヒゲトビケラ科 ヨツメトビケラ
    エグリトビケラ科 エグリトビケラ
    シマトビケラ科 ウルマーシマトビケラ    シロフツヤトビケラ     ナミコガタシマトビケラ
            セリーシマトビケラ?
    トビケラ科   アミメトビケラ
    ニンギョウトビケラ科 ニンギョウトビケラ  

    カメムシ目(7種)
    ツチカメムシ科 ヨコヅナツチカメムシ
    ヘリカメムシ科 ツマキヘリカメムシ     ハリカメムシ
    サシガメ科   ヨコヅナサシガメ      ホシサシガメ
    カメムシ科   チャバネアオカメムシ
    オオホシカメムシ科 ヒメホシカメムシ  

    カゲロウ目(1種)
    カワゲラ科   ヤマトフタツメカワゲラ

    その他
            クビキリギス

    【写真】





    琵琶湖研究所
    5月15日
    アサマキシタバ
    5月20日
    オオトモエ
    5月22日
    マンサクシロナミシャク
    5月29日
    クルマスズメ
    5月29日
    inserted by FC2 system